ホーム >> 環境活動

環境活動

environmental activities

グリーン経営認証

グリーン経営認証は、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取り組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。

当社も環境経営活動の一環として、交通エコロジー・モビリティ財団が実施する「グリーン経営」の認証を取得しました。今後も環境問題への取り組みを積極・継続的に推進して、環境負荷の低減を目指します。

基本理念

当社は企業活動が地球環境に深く関わっていることを認識し、現在及び将来にわたり環境保全に絶えず努力し続け、地域社会に貢献します。

基本方針

1.環境関連法規・条例等を厳守します。
2.エコドライブの実践、低公害車の導入を推進し、運送事業に関わる環境負荷を低減します。
3.環境保全に関する教育、啓蒙を実践し社員の意識向上を図ります。
4.廃棄物の排出量の削減、リサイクル、適正処理を推進します。
5.社内外へ環境に関する活動の情報を公表します。

カーボンオフセット

物流事業者としてアイドリングストップやエコドライブを積極的に進めてきましたが、温室効果ガスを軽減する取り組みとして、横手j-クレジットでのカーボンオフセットを行いました。
カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、①できるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについては、②植林・森林保護の権利(j-クレジット)を購入することにより、排出される温室効果ガスとの相殺(オフセット)をするという考え方です。
j-クレジット制度について

環境事業

フードリサイクル・オフィスペーパーリサイクル・発泡スチロールリサイクル・梱包資材リサイクルを機軸に環境事業を展開しています。この事業を通じて、循環型社会の定義である「天然資源の消費量を減らして環境負荷をできるだけ少なくした社会」を形成する一助となればと考えています。
また、「あきたエコ&リサイクルフェスティバル2003」では、県が環境保全に努めた個人・団体に贈る「環境大賞」を受賞し、また、2008年10月には循環型社会形成推進功労者として環境大臣から表彰を受けました。

気候変動キャンペーン「Fun to Share」への参加

環境省が主催する低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に参加しています。これまでの地球温暖化防止のための国民運動に代わる新たなキャンペーンとして、2014年から「Fun to Share」をスタートしました。「Fun to Share」は様々な地域・団体・企業の中から生まれる低炭素社会を形成するための技術や取り組みをシェアして低炭素社会の実現を目指すキャンペーンです。
当社はエコドライブ で、低炭素社会へ」というキャッチフレーズを掲げて、デジタルタコグラフなどのIT機器を駆使し、環境を考慮したエコドライブを徹底して、低炭素社会構築に向けた社内の仕組みづくりを行います。今後も低炭素社会の実現に向けて、取り組みを推進していきます。