ヨコウン株式会社/総合物流サービス業

新着情報

【社員教育】2015年新卒者懇談会を行いました
2015/12/15

12月14日に2015年度新卒者懇談会を行いました。

新卒者懇談会は入社3年未満の社員と当社役員・人事担当者との交流の場として、4年前から開催しています。
今回は8名の社員が参加し、昼食を食べながら近況報告を兼ねて、普段の業務内容や今抱えている不安、今後の目標などについて役員・人事担当者と意見交換を行いました。

役員からは「新人だからと言って臆せず自分の意見をどんどん伝えてほしい」との言葉もあり、新卒者にとっても今後の励みになったと思います。

この懇談会は、入社間もない社員同士のコミュニケーションを図るとともに役員との会話の場として、現在の仕事の内容や職場に対する意見交換を行い、職場環境改善や社員育成の参考にすることを目的としています。経営者、人事担当、新卒者の交流を深める場としてこれからも継続していきます。

【社会貢献】ノースアジア大学の学生が研究視察で来社されました
2015/12/04

ノースアジア大学経営戦略論ゼミナールに所属する学生の方々6名が、ゼミの研究で当社を視察されました。

県内の中小企業を訪問して採用の現状や人材育成などについてインタビュー調査しているとのことで、「学生の目線で秋田の魅力を伝えて県内定住率を高める」という秋田県との共同企画の研究視察でした。

当社の歴史をはじめ、4大新卒者の採用状況や人材教育・人材育成について、活発な意見交換をさせていただきました。また、YOKOUNマインドである「Try Challenge(環境の変化に対応し変化を機会として挑戦します)」の通り、運送だけではなく、様々な付加価値を付けてきた結果が現在の「物流サービス業」に至ったという事をお話しさせていただきました。

限られた時間ではありましたが、当社の実情についてご理解いただけたのではないかと思います。学生の皆さんの研究に取り組む姿勢や受け答えがしっかりしている姿が好印象でした。

【広報】秋田県経営品質協議会主催の「受賞企業の社長が本音で語る会」のパネリストとして当社社長が参加しました
2015/11/24

11月20日に横手市サンサン横手で行なわれた秋田県経営品質協議会主催の「受賞企業の社長が本音で語る会」に当社社長がパネリストとして参加し、受賞までの苦労話や、これからの組織活性化に向けた考え等をディスカッションしました。

他に参加されたパネラーの方々も組織内での葛藤や受賞してから変わったこと、組織が直面した課題やそれを乗り越えた経緯などをご紹介いただき、有意義な会となりました。

当社では2010年10月に今まで行なってきた活動の集大成として、当社のありのままの姿を外部の方から評価をいただき、その結果をフィードバックして更なる経営品質向上に繋げていきたいと考え、「秋田県経営品質賞」に申請し、翌年の2011年に奨励賞を受賞しました。

【社会貢献活動】職場見学会を実施しました
2015/11/18

一般の方々を対象とした職場見学会を実施しました。

今回は12名の方から参加していただき、本社営業所の倉庫やリサイクル施設等をご紹介しました。

発泡スチロールの減溶作業やフードリサイクルハウスの見学をはじめ、倉庫見学では政府米を保管している低温倉庫や通過型のクロスドック機能を持つ冷蔵・冷凍倉庫、工業製品部品の納品代行作業の見学をしてもらい、当社の事業の中でも力を注いでいるリサイクル事業や倉庫、流通加工といった輸送に付帯する物流サービスついて理解していただけたのではないかと思います。

今後も地域の皆様を対象とした職場見学会を開催いたしますので、詳細が決まりましたら随時、ホームページやフェイスブックでご案内いたします。

【品質】優秀安全運転事業所表彰を受けました
2015/11/18

11月17日に横手警察署長より優秀安全運転事業所表彰を受けました。

当社では輸送品質向上と社員の安全運転への意識向上を目的に、毎年SDカード取得をしています。今年のSDカードの取得率は92.5%と過去最高となりました。

SDカードの取得率の高さと申請継続年数の長さから自動車安全運転センターより推薦を受け、横手警察署長より今回の賞の授与となりました。

今後も全社一丸となって輸送品質の向上を目指し、安全運転に取り組みます。

【広報】テレビCMが新しくなりました
2015/11/16

新しいテレビCMが11月15日(日)から、ABS秋田放送でOAされています。

新CMのキーワードは、「物流コンシェルジュ」。お客様の様々な相談や要望に応えるよろず承り係が、ワンストップの物流サービスをご提案します。

秋田県内限定ですが、毎週下記の時間帯でOAしています!

ABS 秋田放送 水曜日 スッキリ!(8:00前後)
ABS 秋田放送 日曜日 シューイチ(8:30~9:00の間)

Youtubeでもご覧になる事ができます。

https://youtu.be/BTYCvJ3NcrQ
上記のURLをYoutubeのアドレスバーにコピーして下さい。

【社会貢献活動】「山と川のある町」アダプト・プログラム(通算23回)に参加しました
2015/10/28

本社地区(秋田県横手市)において、本年度最後の「山と川のある町」アダプト・プログラム ロードサポートを実施いたしました。

小雨の降る中、国道13号線から県道横手大森大内線・三本柳までの1.5㎞歩道を総勢19名で清掃活動を行いました。今回は砂礫やゴミも少なく、土嚢袋で9袋分の砂礫や空き缶を回収し、無事に本年度の活動を終えることができました。今回初めて参加してくれた社員もおり、以前に比べると積極的に参加してもらえる活動になってきていると感じました。

私たちは日々道路を利用し仕事しています。経営理念にもある「地域社会に貢献」という言葉のように、何気なく利用している道路を清掃することにより少しでも地域に恩返しできればと思っています。

今回で23回目のアダプト・プログラムも来年で6年目の活動に入ります。今後も継続して取り組んでいきます。

【社会貢献活動】環境サポート部門の施設見学会を行いました
2015/10/19

10月17日に県南の高校に通う男子高校生が当社の環境サポート部門を見学に来てくれました。

参加した学生の方はリサイクルやエネルギーについて興味があり、当社の施設見学をしながらリサイクルに関する理解を深める一助となればと思い、見学会を開催しました。

担当者による説明を受け、生ごみ(食糧残渣)をコンポスト化する「リサイクルハウス」や発泡スチロール減容化作業、資源ごみの分別などを見学していただきました。参加された学生の方は積極的に質問をし、担当者の話を真剣に聞いていました。リサイクルの必要性や企業としての取り組みについて、理解していただいたのではないかと思います。

今後もこのように当社施設の見学を受け入れていきたいと思いますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

【人事】2015年度内定証書授与式を行いました
2015/10/16

10月15日に2015年内定証書授与式を本社会議室にて開催致しました。社長、取締役をはじめ人事担当者及び昨年、今年入社した先輩社員として3名の大卒者が参加しました。

社長からの内定証書授与の後に、内定者より大学生活や学んでいることついて、また入社後の抱負や夢について決意表明をしていただきました。内定証書授与式終了後には昼食会を開き、社長や取締役との懇談、先輩社員との交流を行い、入社前の不安を減らせるようにと、先輩社員の業務や今不安に思っていることなどを率直に聞いていました。参加者からの激励を受け、入社の決意を新たにするよい機会になったと思います。

毎年10月に行われるこの内定証書授与式は、会社側としては「翌年4月以降から学生を従業員として雇用する」、学生側としては「従業員としてこの会社で働く」ということを認識し合う大切なセレモニーです。
来春には、当社の新しい仲間として一緒に働けることを楽しみにしています。

【教育研修】「ヨコウン塾管理者研修」を開催しました。
2015/09/26

9月24日に「ヨコウン塾管理者(主任クラス)研修」を開催しました。

今回は、公益財団法人産業雇用安定センターの杉江伸一朗先生を講師に迎え「管理者の役割を認識し、組織のマネジメントの基本を学ぶ」と題し、主任クラスの社員14名が受講しました。

杉江先生の大きく元気な声で始まった研修は、リーダーシップを発揮し組織をまとめる力や自らの能力を高め自発的に行動するためにはどうすれば良いのかを講義とグループワークを通して学びました。特にプレゼンテーション能力のスキルアップについては、各グループに分かれて、現状の問題点・原因・なぜ?・解決策について討議を行い、参加者全員の前でプレゼンテーションをする実習をおこないました。また、聴き手と話し手に分かれて二人一組でのロールプレーイングでは、参加者が気恥かしい思いをしている場面もありましたが、身を持って経験することが出来たのではないかと思います。

研修の成果を最大限に発揮するためには、習ったことを実行するのみです。受講者全員が実行なくしては、成果は得られない事を学んだのではないかと思います。

この研修は「次世代に向けたリーダー候補のスキルアップと組織活性化」の取り組みの1つであり、当社ではこのような職掌に応じた研修を行っています。

ヨコウン 0182-32-3667