ヨコウン株式会社/総合物流サービス業

新着情報

【教育研修】2013年度新卒者懇談会を行いました
2013/12/12

入社4年未満の社員を対象に、新卒者懇談会を開催しました。

新卒者は入社してから8ヶ月が過ぎ、失敗を恐れずに様々な経験をしながら、頑張っています。また、入社2~3年目の社員は、自分の将来像を描きつつ、先輩として後輩の手本となるよう業務に励んでいます。
この懇談会は、入社間もない社員同士のコミュニケーションを図るとともに経営陣との会話の場として、現在の仕事の内容や職場に対する意見交換を行い、今後の職場環境改善や社員育成の参考にする為に3年前から開催しています。昼食を取りながらの懇談ですが、経営者・人事担当者・新卒者との交流を深められる大切な場です。

【今後の抱負について】
Sさん(入社2年8ヶ月)
ジョブローテーション制度で納品代行業務を経験し、今は自分が志望していた配送業務をしています。まだ中型免許を取得したばかりですが、仕事をどんどん覚えて活躍できる人間になりたい。

Iさん(入社2年8ヶ月)
この2年間でどんどん仕事が増えて戸惑っているところがあるが、小さいミス等をしないで気を引き締めてこれからも頑張って行きたい。

Oさん(入社1年8ヶ月)
新しい営業所に配属されて3ヶ月になり、覚えることは沢山あるが一つひとつ確実にこなして行きたいと思う。野球のキャッチボールと同様に「心と言葉」のコミュニケーションを大切にしていきたい。

Kさん(入社8ヶ月)
配属されて日が浅く、分からないことだらけですが、一日のスピードが早く充実している。将来、今を振り返った時にいい経験をしたと実感できるように頑張って行きたいと思う。

Kさん(入社8ヶ月)
年末年始で非常に忙しくなってきている。小さなミスも許されないので、チームワークで乗り切りたいと思う。

【環境事業】今年度のエコフード販売を終了しました
2013/12/05

スーパーマーケットよねやハッピータウン店様内で7月から行っておりましたエコフード特設コーナーは、12/1(日)で終了致しました。

なお、引き続き生産者コーナーへの出品を行いますが、収穫の状況によりご用意できない場合がありますので、何卒ご了承下さいます様お願い致します。また、来年も引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

エコフード販売とは、フードリサイクルに着目した当社の環境事業のひとつで、今年で14年目になります。当社のフードリサイクルは野菜くずや食品残渣などから作られたコンポストを農家の方々へお配りし、その畑で収穫された野菜を店頭で販売するものです。「食品残渣回収→堆肥化→農作物に使用→収穫物の販売」というサイクルをプロデュースすることにより、資源循環型社会の一助となればと考えております。

【広報】岩手県北上市に新しい営業所を開設しました
2013/11/25

岩手県北上市相去町に開設準備をしていた金ヶ崎営業所が10月30日付で岩手運輸支局より認可され、本日から本格稼働ました。

当営業所は、北東北3県のコンビニエンスストアへの配達業務が主で、岩手県では3カ所目の物流拠点になります。

【広報】ブラウブリッツ秋田の「ブラウブリッツカードコレクション」に参加しています
2013/10/24

各スポンサーサイトのどこかに選手24人、スポンサー1人、監督1人の計26人が バナーとなって隠れています。バナーをクリックするとカードをGET!!コンプリートしたカードの数によって抽選権が獲得できます!

http://blaublitz.jp/card/

当社は、ブラウブリッツ秋田のオフィシャルサプライヤーです。

ホーム最終戦を盛り上げましょう!

【社会貢献活動】近隣道路の清掃活動を行いました
2013/10/23

塩田社長をはじめ本社地区の総勢19名が、アダプト・ロード・プログラムに参加し、近隣道路の清掃活動を行いました。

今回は小雨の降りしきる中での活動でしたが、土嚢袋・ゴミ袋合わせて11袋分のゴミや砂礫を清掃し、ゴミの回収量は今までの活動の中で、一番少ない結果となりました。また、継続的な活動の成果の表れなのか、ポイ捨てによる空き缶や煙草の吸殻等のゴミが少なくなったように感じました。

2010年から参加しているこの活動は、今回で15回目になります。これは秋田県平鹿地域振興局から「アダプトロード・プログラム」の認定を受け、国道13号線~県道横手大森大内線・三本柳までの道路(ロード)の里親となり、環境保全活動を行うものです。

日頃、道路を使わせていただいている感謝の気持と経営理念である「総合物流サービスを通じて地域社会に貢献する」活動として、社員が積極的に参加しています。

次回は来年の4月に活動を予定しています。

当社フェイスブックページもご覧下さい。

【広報】2014年大卒者の内定式を行いました
2013/10/03

2014年大卒者の内定式を本社会議室にて行い、内定者と会長、社長、専務をはじめ人事担当者及び今春入社した大卒者が参加しました。内定証書授与の後に、内定者から入社後の夢や抱負について、決意表明をしていただきました。

内定式終了後には昼食会を開き、期待の言葉や激励を受け、入社の決意を新たにする良い機会になったと思います。

来年の春には、当社の新しい仲間として迎えられることを楽しみにしています。

【品質】社内の5Sパトロールを実施しました
2013/10/01

9月25・27日の2日間で、塩田社長と5S事務局3名が13の拠点を巡回し、5Sパトロールを実施しました。

前回のパトロールと同様に拠点の推進リーダーより、活動状況の説明を受けました。今更ですが、5Sとは「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」のことを指します。簡単なようで簡単にはいかない5S活動ですが、これらを計画的に実践することで、様々な品質も向上し良い結果に結びつくと考えています。

活動の振り返りを行い、拠点毎の問題・課題を整理・共有化すると共に、活動のレベルアップにつなげる場として、今後も継続して5Sパトロールを実施していく予定です。

【品質】2013年度 安全大会 ヨコウン安全協力会を開催しました
2013/09/18

9月14日(土)午前9時から横手市のかまくら館にて、社員130名、協力会社及び取引業者35名が参加し、「2013年度安全大会 ヨコウン安全協力会」を開催しました。

塩田会長の挨拶では、「当社で2年前から推進活動をしている5S活動が安全の根幹となり、最終的にはCSにもつながる。また、SDカードの取得率は過去最高の92.1%となり、安全への意識が高まっている。社員や協力会社の皆様が一同に会して、このような大会を行い交通事故・商品事故が発生しないよう一人ひとり気持ちを引き締めて業務についていただきたい」と話されました。

今回は優秀ドライバー社内表彰として、ヤマダ物流センター営業所の菅原昌行ドライバーが15年間無事故・無違反と堅実な仕事振りが評価され表彰されました。安全講話では、横手警察署の塚田交通指導係長様より、「事故の発生状況と防止対策について」と題して、秋田県における事故発生の現状や事故発生パターンの解説をしていただきました。

今回は、事故防止対策をテーマとした取り組み発表を行いました。当社の本社営業所と一関営業所、協力会社様を代表して浅舞運送様、スクラムライン秋田様から発表いただき、実際の発生してしまった事故の事例を紹介しながら、再発防止策や課題問題点などをディスカッションしました。

安全◯×クイズは初の試みでしたが、当社の安全管理室が主体となり全員参加型のクイズ形式で、常識として知っておかなければならない問題や難問などを出題し、参加者の方々と認識を深め合いました。

閉会の前には社員を代表して本社営業所の大倉所長から声高らかに安全宣言が行われ、安全大会は終了しました。

この安全大会は当社の年間行事の中では最も重要な行事であり、毎年開催しています。「安全が経営の根幹であり、安全は全てに優先すること」を参加者全員で再確認できる場であり、企業として事故撲滅・労働災害撲滅に努めていきたいと考えております。

【広報】本社地区で避難訓練を実施しました
2013/09/07

本社営業所の給湯室より火災が発生したとの想定で、避難訓練を実施しました。

当社では、火災の発生の防止と火災の被害を最小限に食い止めることを目的として、防火管理規程を設けており、各部門には自衛消防組織があります。

今回の避難訓練では、火災発生から初期消火、119番への通報と避難まで、実際の火災時と同様に参加者全員が真剣に取り組みながら、それぞれの任務や避難経路について確認し合いました。また、避難訓練終了後、消火器を使った消火訓練も行いました。

防災・避難訓練の目的は、災害時や非常時のことをシミュレーションしながら、実際に出来るかどうか確認するとともに非常時の心構えをしっかりと持つことだと考えます。

【広報】トラック情報サイト「トラックNEXT」で当社が紹介されました
2013/09/02

先般、トラック情報サイト「トラックNEXT」様から、当社のリサイクル物流についてインタビューを受け、現在までの経緯を詳しく紹介していただいております。

詳しい内容については、「トラックNEXT」の運送事業者レポート2013年9月をご覧下さい。

ヨコウン 0182-32-3667